中国の不動産市場がますます暗くなる

中国の不動産業界見通し、「ネガティブ」に引き下げ=ムーディーズ - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル

中国の不動産業界見通し、「ネガティブ」に引き下げ=ムーディーズ

中国不動産市場がますます暗くなってきましたね。さすがに不動産価格の抑制を行っていても、中央銀行に資金を断続的に投入すれば、自ずと投資メリットのある不動産へ流れていきます。よって、高騰に高騰を重ねて、価格が暴落し、格付会社よりネガティブ評価を受ける。目に見えていただけに、「想定内だった。」とつくづく感じました。

今後中国資本が少なからず日本国内にも流れてくると予想されますので、ますます不動産市場が活発化しそうです。

ただ、給与反映は大企業にお勤めの方、もしくは公務員の方からと予測出来ますので、それ以外の方にとっては、前年・前々年度の年収や確定申告額がベースとなりますので、このインフレの始まりに投資出来ない方も多く出てくると思います。

もし、ご融資や不動産投資についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。何かのお役に立てるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です